メンテナンスに伴うサービスの停止のお知らせ

いつもご利用ありがとうございます。メンテナンスに伴いまして、本サイトは下記期間一時的にサービスを停止いたします。ご利用のみなさまにはご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、ご了承ください。

2018年12月15日(土) 00:00 - 2018年12月15日(土) 01:00

プロジェクト紹介

About image
NBRP病原細菌では、感染症及びヒトの健康に関わる細菌の収集、保存、提供を行っています。参加機関である岐阜大学・微生物遺伝資源保存センター(GCMR)(種々の領域の感染症起因菌、日和見感染菌)、大阪大学・微生物病研究所(種々の腸管感染症起因菌)、群馬大学・医学系研究科附属薬剤耐性菌実験施設(バックアップ機関)が連携し、より安定した保存体制の整備を図ると供に、利用に際して有用な菌株情報を付与したコレクションを提供し、感染症と病原体に関連した教育・研究・開発をする人々を支援します。また、定年などで退職される研究者のコレクションを引き継ぎ、貴重な遺伝資源の保全も行っています。

実施機関

  • 代表機関(岐阜大学)
    • 高度病原細菌:分類情報、新分類菌種の同定、病原因子など品質管理情報の蓄積
    • 課題管理者:田中 香お里
  • 分担機関(大阪大学)
    • 腸管感染病原細菌:病原因子病原因子のゲノム情報、全ゲノム解析情報の蓄積
    • 課題管理者:飯田 哲也
  • 分担機関(群馬大学)
    • 保存菌株のバックアップ(薬剤耐性病原細菌)
    • 課題管理者:富田 治芳
  • プロジェクト構成図
  • 運営委員会